ノンデザイナーによる、タイポグラフィ再考察っ

ノンデザイナーによる、
タイポグラフィ再考察っ

私たちの街にあふれているありとあらゆるデザインされたものたち。その多くのデザインは文字や文章による情報との組み合わせによってデザインが成立していることにしばしば気がつく。その文字からくるイメージとシンクロし、デザインの完成を私たちは体感しているとも言えるのではないだろうかーっ!!!、、、んっがんんっ!!!!!

小塚昌彦

デザイナーでこの方を知らない人はモグリといえよう。すげえな、小塚さん!あやかりたいぜっ!

小塚明朝・小塚ゴシックの生みの親

1929年 東京生まれのタイプデザインディレクター。1947年、毎日新聞社に入社し、金属活字の鋳造、ベントン彫刻機用の原図制作など、活字書体の開発に携わる。1970年以降は毎日新聞CTSデジタルフォントの開発を担当し、1984年に定年退職。翌1985年、モリサワのタイプデザインディレクターに就任し、リュウミンや新ゴなど主要書体の開発に携わる。1992年、アドビシステムズの日本語タイポグラフィディレクターに就任。小塚明朝・小塚ゴシックを制作した。1979~97年、愛知県立芸術大学非常勤講師。2007年、佐藤敬之輔賞を受賞。

略歴

  • 1929年 東京に生まれる
  • 太平洋戦争時は学徒動員により機械工員として働く。戦後に帰京
  • 1947年 毎日新聞社に入社
  • 金属活字の鋳造を担当し、その後ベントン母型彫刻機用の原図制作でチーフを務めるなど、主に手書きによる活字書体の開発に携わる
  • 1970年以降 毎日新聞CTS導入後はデジタルフォントの設計開発を担当
  • 1979年 愛知県立芸術大学の非常勤講師に就任(任期1997年まで)
  • 1984年 同社を定年退職
  • 1985年 モリサワのタイプデザインディレクターに就任
  • リュウミンや新ゴなど、主要書体の開発に従事
  • 1992年 アドビシステムズの日本語タイプディレクターに就任、日本語デジタルフォントの開発に従事
  • 1997年 小塚明朝を発表
  • 2001年 小塚ゴシックを発表
  • 2007年 第6回佐藤敬之輔賞を個人受賞

制作に携わった書体

  • 毎日新聞明朝
  • 毎日新聞ゴシック
  • ピコ・カジュアル36
  • マリ-MU
  • リュウミン
  • 新ゴ(発表当時の名称は「新ゴシック」)
  • 小塚明朝
  • 小塚ゴシック
  • アドビシステムズでの主な開発メンバー
  • 鈴木功(AXISフォント、ドライバーズフォント、TP明朝など制作者。現タイププロジェクト代表)
  • 西塚涼子(りょうゴシック制作者、現アドビシステムズ)

小塚ゴシック

小塚ゴシック(こづかごしっく)とは、小塚昌彦が制作指揮を行いAdobeが作成したゴシック体の和文OpenTypeフォント。Adobe ReaderなどのAdobe製品に付属している。Pr6Nは異体字セレクタにも対応している。

小塚明朝

小塚明朝(こづかみんちょう)とは、小塚昌彦が制作指揮を行いAdobeが作成した明朝体の和文OpenTypeフォント。Adobe ReaderなどのAdobe製品に付属している。Pr6Nは異体字セレクタにも対応している。

じぶんの名前のフォントが世界中でつかわれるって、、、ステキすぐる!